セフレとのセックスで新しい性癖が分かることもある

セフレとの付き合い方を勘違いしていると、普通の恋人のように付き合うことを考えてしまう人がいます。
ですがセックスをすることが目的の関係なので、恋人関係と勘違いしていると駄目になってしまうことがあるのです。
セックスに関してもセフレとは自分の好きなプレイが出来ると思っているかもしれませんが、それも相手との相談で決めていく必要があります。
ですからプレイ内容に関しては、お互いの趣味も関係してくるので相性の問題が出てくることになるのです。
相性が悪い相手がセフレになった場合は、お互いに好きなセックスが出来なくて不満が残ることになります。
そうなるとセフレ関係も解消という事になるので、セフレ探しはしっかりと好みを合わせて探すことが大事なのです。
お互いにセックスに不満が出ない相手を見つけることが出来れば、セフレ探しは成功したようなものです。
後は上手にそのセフレとの関係を続けていくことで、楽しいセックスをすることができるでしょう。
ただ、今までやったことがないプレイをすることも経験ですし、それによって性癖が新しく増える事もあります。
いつも同じプレイ内容では、飽きてくることもあるでしょう。
ですからいつもとは違った相手をセフレにすることも、別の楽しみがあるので試してみるといいのでは無いでしょうか。

▲ページトップに戻る